地元農産物の活用支援

【調査】佐賀県武雄市パクチーの特産化について

佐賀県武雄市でこれといった特産品がなかったところを2006年頃よりレモングラスの産地にしようと栽培をスタート。
2008年にはレモングラス課を新設、商品開発サポートや販売促進活動サポートをおこない特産品化に成功。高付加価値のレモングラスは武雄市では約5億円の経済効果を生んだと言われている。また樋渡前市長のリーダーシップとトップセールスのおかげで、首都圏での営業活動で販路開拓を行うことができた。これは地方の小規模農家では困難なところを行政の長がカバーできた好事例である。またPR戦略も上手く機能しており、武雄市の認知度も上がっていった。そこに、レモングラスに続く第二の特産品ということで、パクチーに注目。市の補助金やサポートのおかげで特産品とすることに成功した。

現在は、農園からの直売やネットで販売している。もともとFB良品(現在 Yahoo Japan ショッピング 自治体特選ストア 武雄)からネット販売をスタート。市長の知名度と、市役所公式サイトをフェイスブックに統合したという話題性と合わせて注目を集め、自治体主導のネット販売ということもあり一定の成果を収めた。よって農家単独で開拓するよりも比較的容易に販売先を開拓することができ、また市の後押しもあってネット販売も注目を集めてスタートすることができた。

東京、名古屋、大阪の大都市圏で、熱狂的なパクチー愛好家ができており、”パクチスト”や”パクチー狂”と呼ばれている。店舗でも、パクチー山盛りメニューの店が増加傾向にある。
また東京のスーパーなどでは、一袋20〜30gの生葉が200円前後(日経新聞夕刊 2015年5月2日)と高い販売価格をしている。
またハーブ、スパイス類としても加工パクチー製品ができている。SB食品の直近1年の香草の販売は2009年比で約3倍となっている。(日本食料新聞 2016年2月10日)

種まきから収穫まで45〜60日と短く、年に6回収穫する産地もあるそうで高収益が見込める。
全国では、佐賀県武雄市が産地として2005年頃から栽培を開始しており、先進地視察地として推薦する。


【実施実験】サツマイモ特産品化

場所:久目地区交流館
参加対象:6名
主な目的:久目地区の特産品化として栽培したサツマイモの収穫。

毎月1回、久目地区の特産品化としてサツマイモを栽培してみた。隣の速川地区では焼酎の製造を行っており地域連携として原料として供給できる可能性もある。メニューは今後検討していくが、まずは久目地区で栽培してみて収穫状況をみてみる。

15−20cmクラスは全体の約半分。それ以下は不揃いであったため、3−5本まとめて、いきいき元気館にて100〜200円にて販売予定。
今後の課題や展望 作業費 750円x4時間x6名=18,000円

IMG_1954

IMG_1957

IMG_1978


【調査】農産物活用調査

久目地区活性化協議会:平成27年12月9日(火)

久目地区では昔から、正月用飾りで、鏡餅の上に干し柿を乗せる風習がある。久目地区干し柿生産組合もあるが年々生産量が減少している。
食用の干し柿は各家庭でまだ生産してる現状である。


Category: 未分類

【視察】パクチー栽培・佐賀県武雄市

参加者:久目地区活性化協議会から12名
視察の目的:パクチーを新たな特産品として栽培した経緯と栽培方法を学ぶ。

佐賀県武雄市江口農園にて、パクチー栽培に至った経緯と栽培方法について講習を受けた。
家庭排水が入らない里山の井戸水を使うので水が綺麗である。
元々は酪農用の荒廃地を重機を使って整備し野菜向けの圃場に転用した。地元の障害者も雇用することで社会貢献も行っている。
種はタイで購入しているので、国内で流通してるF1種より香りが強くパクチー本来の味や香りが出ていて東京の飲食店で好まれている。
パクチー栽培のコツは、種を植えたあとの初期の水やりに気を付けること。
3−6月と9−11月の間は栽培が難しくない。
収穫は朝に行うが乾燥を嫌うので包装するまでの保管に注意が必要。
寒暖の差に気をつける必要がある。
夏の露地栽培は武雄市では江口農園でしか成功していない。
パクチーも香りがよく人気商品になったので顧客からの要望でバジルや空芯菜、ハラペーニョ、サラダキャロットの栽培をするようになった。
単一品種のみの栽培では売上が通年で安定しないので、リスク分散もできるし、今ではメインの商品になってきている。
久目に活かせること・活かす仕組み 冬の気温が低い時期はハウス栽培であれば久目地区でも栽培可能である。
夏の間の高温時は難しいが、老谷などの比較的高冷地では、昔から高冷地野菜を栽培していたので可能性はある。春、秋の気温が20度前後であれば、久目でも栽培可能。
久目地区に導入する場合の課題 冬の寒い時期と夏の暑い時期の環境整備が必要。
冬はハウスで対応。夏は高冷地で栽培を検討。北陸での栽培地はまだないので産地としてチャンスがある。


【検討・考察】イノシシ料理試作、試食

場所 :久目地区交流館
参加対象:久目地区活性化協議会、地元住人 19名
主な目的:久目地区の活性化について将来像を議論する。イノシシ肉の試作、試食

久目地区で捕獲されたイノシシ肉の試食を行った。メニューは「足ティビチー(沖縄風煮込み)」、イノシシ肉の鉄板焼き。

イノシシを食べながら、現在久目地区で行ってる様々な活動について活発な意見がだされ、行動、会議、組織の棚卸をすることで久目地区の活動を再定義し、今ある活動はさらに進め、あまり参加できていない層にも認知してもえるようにできたらいいという意見が聞かれた。
また団体の数が多く、重複するメンバーが多いことから組織の集約化や再定義は必要とのこと。
地域のサイズに応じた各種団体のスリム化が今後の活動を進めていく上で必要だとの意見もでた。能登島の取り組みは参考になることが多く、ランチボランティアで作っているお母さんたちにも行ってほしいということで次回の視察が決まった。
今後の課題や展望 地元食材を生かした勉強会を開催し、特産品や新メニュー開発に生かしていきたい。

IMG_2183

12325505_10208116397765169_522807948_o

12422150_10208116400765244_1979324451_o

 


【視察】能登島地域づくり協議会「おにゆりの里」

視察の目的:能登島の地域資源を地図情報に落とし込んで活用方法を学ぶことと、地域の食材を活用したコミュニティカフェの運営方法を学ぶこと。
概要:能登島地域づくり協議会 おにゆりの里の活動を視察する。

地元に伝わる食材や料理を出す施設として、いっぴき食堂をオープン。
毎月1回地元の主婦たちが集まってランチを作るようになった。調査した地元料理は小冊子にまとめ活動内容もパンフレットにまとめた。
料理も地元に伝わるものにひと手間かけたものが料理されていた。

メニューは一汁三菜が基本。
その時々で島で食べてるものを少し工夫して提供。趣向に富んだメニューを考えている。この特に印象的だったのは、やぶ椿の酢漬け。普通の椿ではなく、やぶ椿でないとこの色が出ないそう。
久目に活かせること・活かす仕組み 地域の素材や魅力をうまく発見し、地元住民や島外からの移住者と上手く連携をとりながら活動できている。
やぶ椿は氷見の市花であり、久目地区にも多く自生している。作り方は最初に塩を入れたお湯にくぐらして、荒熱がとれたらラッキョウ酢に付け込んで20日で完成。ピザ釜も地元で作るイベントを開催すればまた人が集まる。ピザのメニューも幅広い層に受けるのと間伐材の有効活用にもなるので間伐することにもつながる。
久目地区に導入する場合の課題 GISでの地図情報は地域の資源の見える化に寄与するが、調査にかける時間が長くかかるのですぐには無理。久目地区ではランチボランティアが毎月活動してるので聞き取りは可能。他の機会にも聞き取りできれば尚いい。


【実施実験】ふれあいランチ

場所:久目地区交流館 調理室
参加対象:久目地区活性化協議会
主な目的:久目地区の独居老人のために

毎月一回久目地区独居老人のために地元農産物をつかったお弁当で配食サービスを行っている。全体で40−50名のボランティアが登録。順番に当番に回ってくるのが1年に1回程度なので気軽に参加できる。地元の住民であっても、みんなで和気あいあいと集まっておしゃべりをしながら調理をすることはいいいい交流になっている。またお互いの近況報告をしながら地域の繋がりが深まっていく。
毎回、60−70食を製造でこの日は、久目地区赤毛集落の減農薬はさがけ米を使用したお弁当となった。

地域の素材や魅力をうまく発見し、地元住民や島外からの移住者と上手く連携をとりながら活動できている。
現在の久目地区の取り組みに似ているので、さらに地域の素材の発掘をしていき、月に一度のふれあいランチの女性陣にも実際に体験してもらい、地元食材の活用方法を学んでもらいたい。
GIS情報では、民生委員が把握したい地元の情報も組み込めたら防災情報に活用することができる。

GISでの地図情報は地域の資源の見える化に寄与するが、調査にかける時間が長くかかるのですぐには導入ができないかもしれない。
民生委員の情報は個人情報なので、市役所とのデータの連携は拒否される可能性が高いが、セキュリティを確保し、権限ごとに閲覧できる階層を分けておけば問題はないと思われる。


【視察】能登島ちいきづくり協議会

参加人数:15人
七尾市地域づくり専門員 福嶋さん

昨年は42回のいっいき食堂開催、のべ1224人来客
島民は500円で提供、島外からは800円。

メニューは島の産物をつかって一汁三菜を基本。
その時々で島で食べてるものを少し工夫して提供。
趣向に富んだメニューを考えている。

みんなで食べられると楽しい
カフェ、どこでもできる
儲けようとは思わないけど、とんとんでいきてい
作る人はボランティアで
時給200円ぐらいでできる感じ?
5−6時間で、足代として出せるのと、まかないをみんなで食べる
作ることが生きがいにつながってる
当番制で回してやっている

他の取り組みとして、
GIS(地図ソフト)に、地域の状況を落とし込み、地元資源の見える化を行った。
この作業のために聞き取り調査を約2年かけて実施。
そこで分かった地元に伝わる食材や料理を出す施設として、いっぴき食堂が生まれた。

GISシステムの利点は、地図にデータが落とせ、国が作ってるビッグデータも活用できる。

知らないということではなく、みんな知ってる情報を、地図に落としていく
近所は知ってるけど、その他は知らない
そろそろ近所だけでなく、広い地域の人と共有して、助けあいの輪を広げていくことができた。

この地図によって、耕作可能地域や耕作放棄地が確認でき、島全体として活用計画が立てやすくなった。他には、地域の空き家状況、農地の被害など、地図に落とし込むことができる。
またデータは、パソコンとインターネットを活用することにより、情報共有することができた。

データを入れるのは訓練が必要だが、可能。入力した後の、データ活用時に、どう分析するのかで使用者のITリタレシーが問われる。

パソコンだと、データの出し入れ自由で、使用者のレベルに応じてセキュリティや見れる範囲の設定が可能となる。
久目地区で目指している、民生委員がタブレットでみまもり活動などを行う場合も、参考になる。

この施設では、様々な体験活動をやっている。

地元ではいろんな活動してる30代のグループがあるが、どれも単独でやっていた。
ゆるくつながる場所を提供できることにより、幅広い層から参加してもらうことができた。

のと島 クラシカタ研究所 通信という、小冊子を発行。
地元の魅力を発信している。
地域の素材や魅力をうまく発見し、地元住民や島外からの移住者と上手く連携をとりながら活動できている。
久目地区とも共通する部分が多いので、今後も連携して情報交換しながら活動を続けていきたい。


【視察記録】石川県七尾市 能登島 能登島地域づくり協議会 おにゆりの里

コミュニティカフェ いっぴき食堂
参加者:久目地区活性化協議会から12名
視察の目的:能登島の地域資源を地図情報に落とし込んで活用方法を学ぶことと、地域の食材を活用したコミュニティカフェの運営方法を学ぶこと。

能登島地域づくり協議会 おにゆりの里の活動を視察する。
GISソフト(地図ソフト)を活用して、地域の状況を地図上に落とし込み、地域資源の見える化を行った。すでに2年間かけて全島調査を行ったデータが入っている。圃場の情報の他に、空き家情報、地元農産物などがある。また調査の段階で分かった地元に伝わる食材や溶離を出す施設として、いっぴき食堂をオープン。毎月1回地元の主婦たちが集まってランチを作るようになった。調査した地元料理は小冊子にまとめ活動内容もパンフレットにまとめた。

メニューは一汁三菜が基本。 その時々で島で食べてるものを少し工夫して提供。趣向に富んだメニューを考えている。

久目に活かせること・活かす仕組み 地域の素材や魅力をうまく発見し、地元住民や島外からの移住者と上手く連携をとりながら活動できている。
現在の久目地区の取り組みに似ているので、さらに地域の素材の発掘をしていき、月に一度のふれあいランチの女性陣にも実際に体験してもらい、地元食材の活用方法を学んでもらいたい。
GIS情報では、民生委員が把握したい地元の情報も組み込めたら防災情報に活用することができる。